お金を借りることに抵抗はありませんが慎重に

最近は色々なお金の借り方があるのでお金を借りることにあまり抵抗は無いですし悪いイメージも特にありません。

お金を借りている人も多くいますしお金を借りることで上手くいくこともあると思っているので借金があったとしても変なことではないと思っています。

ただお金を借りる場所には気をつけないといけないなと思っています。

やっぱり安心してお金を借りることが出来るような場所ではないとお金は借りたくないです。

銀行とかがベストだと思いますし信頼出来る場所を見つけたいなと思います。

本当にお金が必要な時しか借りることはないと思いますし無駄にお金を借りて借金を重ねたりしないようにしたいです。

次々にお金を借りていって借金を増やしていくのは良くないと思っています。

私がお金を借りるのは自動車ローンなど生活に役立つ時だけです。

贅沢をするためにお金を借りたりはしないですし借りることに抵抗はなくてもお金を借りることには慎重になるタイプだと思っています。

今はネットですぐにお金を借りることができる時代なので、気軽に借りている人がいますが、私にはそこまで勇気がありません。
○すぐ借りれるキャッシング※人気のカードローンでお金を借りる

お金を借りたいけどどうしたらいいの?そんな借り入れ初心者でも、安心してネットで簡単便利にお金を借りることができるローンを紹介し、あなたの「お金を借りたい」を解決します。

ミネラルウォーターを飲み始めて良かったこと

水道水が飲める日本でわざわざミネラルウォーターを買う必要は無い、買うのは勿体無いと数年前までは思ってました。しかし今では毎日ミネラルウォーターを飲んでいます。

ミネラルウォーターを飲む様になったのには色々な理由がありますが、一番の理由は私や家族に同じタイミングで蕁麻疹が出たことです。様々な原因が考えられましたが、その頃水道水がいつもより少し臭う感じがしていたこともありミネラルウォーターに切り替えることにしました。

それでも煮沸して水道水を飲むことがありましたが、震災による放射能漏れが完全にミネラルウォーターを毎日飲む生活に変えました。連日セシウム等の心配をしているのに疲れました。

ミネラルウォーターを飲むようになって、お金はかかりますが良かったことが沢山あります。

水道水が原因だったかわかりませんが、蕁麻疹が出なくなり肌の調子が以前より良くなりました。

私を始め家族全員の身体の調子も良くなった気がします。

水が美味しいのでそれまで買っていた大好きなペットボトルのお茶を買わなくなりました。

これからも自分や家族にとってミネラルウォーターは欠かせません。

ミネラルウォーターにはペットボトルだけでなく、自宅にウォーターサーバーを置いていつでも好きな量を飲めるタイプもあります。

最近はサーバーは無料レンタルのところがほとんどで、レンタル料が要っても月に500円くらいではないでしょうか。

ミネラルウォーターを売って儲ける商売なので、サーバー代は業者側の初期投資ということになります。

ところが以前はサーバー代も月に数千円も要ったので、買取を選んで置いたことがあって、そのときお金がなくてカードローンで借りたことがあります。

十数万円したのですが、10万ほどカードローンで借りました。

でも今思えば、すぐに新しいタイプのウォーターサーバーができるし、故障しても自費で直さないといけないので、絶対にレンタルにすべきだなと思いました。

しかもカードローンを申し込んだときに、職場への電話があるようでうちは自営業なので自宅に電話があり妻が電話を取って、女性の声で個人名だったので、あの人は誰?と喧嘩になってしまいました。

誰からの電話か知らないとしらばっくれましたが、数日間ずっと問われ続けました。

いちおうカードローンのことは言うことなくなんとか無事に内緒で借りることができましたが、カードローンで電話がかかってくるとは知りませんでした。

今はWEB完結という電話も郵送物もなくて借りることができるローンもあるようで、昔はあったのかどうか知りませんが、絶対にそういうローンがいいですよね。

母にプレゼントしたブランド物の財布

私の母は、私が子どもの頃から財布はいつもパンパン。お金がたくさん入っているのではなく、レシートやらポイントカードやらで、はち切れそうな財布を使っていました。

さらにファスナーの部分には、よくわからないような鈴がついたストラップが数本。色は金運がアップするからといって黄色が定番。

ですから、財布を選ぶ時はデザイン性やオシャレ感よりも、容量の多さと使いやすさを重視していました。

もっとオシャレなものを使ったらと何度か財布をプレゼントすると伝えたのですが、聞き入れてもらえず。一つの財布をぼろぼろになるまで、大切に使っていました。

そんな母の60歳の誕生日に、フェンディの落ち着いたブラウンの財布をプレゼントしました。事前にプレゼントすることを伝えると、絶対にいらないと言われてしまうので、サプライズでプレゼントすることに。

「こんな高いものをもらって困る」と言いながらも、とても喜んでくれました。

私がその財布を選んだのは、子育てを終えある程度の年齢になった母に質が良くオシャレな財布を持ってほしいと思ったからです。

その財布にしてからというもの、中には余計なものを一切入れずにをきっちりと整理し、必要不可欠なものしか入れないという使用スタイルに変わったようです。

お陰でその財布は、薄いままきれいな形を保っています。母から、友達と合った時に「いいものをプレゼントしてもらったね」「あら、ずいぶん高級な財布を使っているのね」などと言われたと教えてくれました。大切に使ってくれているのを見ると、この財布をプレゼントしてよかったと思っています。

そういったように財布を大事にすると金運も良くなるみたいです。以前はローンで苦しんでいた母も金運が上がったようで、それもその財布のおかげかと思います。

でも、その財布を買うのにローンでお金を借りたという事実もあります。母の借金は私に移ったのでしょうか。といっても大した金額のローンではありませんが。

消費者金融よりも金利の安い銀行のカードローンにしました。そのほうが何か安心ということもありますしね。でも返済額も少なく、実際には利息は高くなるということを書いているサイトもあってビックリです。

カードローンで5万円くらいです。毎月数千円返していくと数年で払い終えることができます。それまでにはボーナスも出るでしょうし、できるだけ余分には返済していこうと思います。

お金を借りるなら

私がもし、お金を借りるとしたら、額にもよりますが、まずは両親にお願いすると思います。
額にもよると書きましたが、百万円以上の金額を借りる場合に両親にお願いします。

やはり両親が一番頼りになりますし、もし金融機関や消費者金融のカードローンで借りるとなると、利息などが多くかかるというイメージがあるので、正直借りずらいです。

もちらん、ローンを組むなどであれば、銀行などの金融機関で借りますが、緊急にお金が必要になった場合などは、真っ先に両親へお願いすると思います。

両親であれば、利息が必要ということもないですし、最悪お金を返すことができないとなっても取り立てなどの心配がないからです。
また数十万円のお金を借りるなら、まず私は友人にお願いします。

両親にお願いしてもよいのですが、余計な心配を掛けたくないという気持ちがあるので、なんとかできそうな金額であれば、友人にお願いして借りると思います。

さらに、友人がダメであれば、兄弟にお願いしたりしますが、それでもダメな場合は消費者金融を使うと思います。

きっと数十万円のお金が必要というときは、切迫しているときであると思うので、一時的に消費者金融からお金を借りて、自分で返済すると思います。
ただ、やはり一番お金を借りて、安心なのは両親や兄弟などの肉親だと思います。

私は親戚などにお金を借りて、関係が悪化するようなことは避けたいので、親戚に借りるくらいなら、金融機関や消費者金融を使います。

額によって親から借りるか、友人から借りるかは変わりますが、どちらもダメな場合は、多額であれば銀行などの金融機関、少額であれば消費者金融という優先度で借りると思います。

クレジットカード複数枚使い分けるのは大変です。

クレジットカードはメインカードと付き合いなどで入ったものが3枚あるのですが、正直使い分けるのはだんだん面倒くさくなってきました。

このお店でいまこのカードを使うと5%引き、とかポイント2倍とか、そういう特典につられて使うのですが、それぞれのカード会社によって締め日と引き落とし日が違うので、管理するのが難しくなってきたのです。

同じ銀行引き落としにしていなかったのも分からなくなった原因のひとつだと思いますが、どのように管理していけばいいのかわからず、今はメインカードしか使っていません。うまいカードの管理の仕方が知りたいです。

クレジットカードはどこがいい?

借金しない主義の私がお金を借りてでもしたいこと

私はお金に苦労して育ったので絶対に借金はしない主義ですが、借りてでもお金欲しい時というのは確かにあります。
それはたとえば今この瞬間で、危篤に陥ったままの父親に会いに行くため、交通費と宿泊費が嵩んでいる状態です。
私が住む所から父の元に駆けつけるには、飛行機か新幹線での長旅を要するのです。

事実、急に倒れた数ヶ月前から実際何度も往復していて、費やしたのはかなりの額にのぼります。
それでも、いくらかかっても何十往復になっても、親には生きていて欲しいものです。
ですから借金してでもお金が欲しいのは、一回でも多く親に会いたい時で、渦中の今はこれ以上のことはないのではとさえ思います。

私はこれまでの人生で、身内からも友人からも消費者金融からも、お金を借りたことは一切ありません。
しかしもし入院中の父に会うための旅費で貯金が底をつき、どうしても10万円を借りたいと思ったなら、私はきっと消費者金融で無利息ローンを利用すると思います。

友人や先輩、恩師なども想像してみましたが、借金というのはえてして人間関係に亀裂を入れてしまうものです。
彼らに借りて万一約束の日までに返せないと信頼を失うし、一旦借金をしてまった人にはどうしても引け目を感じて、それ以降対等な付き合いができる自信はありません。

そういう訳で、何の感情も動かなさなくて済む消費者金融に頼るという結論に至りました。

でももちろん実際は、そこまで危篤状態が長引くことなく、一日も早く父に回復して欲しいと切に願っています。

子どもってほんとうにお金がかかるんですよね

私は中学生の子どもがいる主婦です。
子どもが小さい頃は専業主婦でしたが、小学校の高学年になった頃からパート勤めをしています。
でも、パート代ってほとんどが子どものことに消えていくのですよね。
まず、塾代です。小学4年から塾に通いだしましたが、中学校受験の進学塾ってほんとにお金がかかりますよ。
特に夏休みとか冬休みの季節講習なんて、10万円単位の出費です。
ひと月のパート代でまかなえる額じゃないですね。
それから子どもは女の子なので、洋服代もそれなりにかかります。
あまり情けないかっこうばかりさせられませんしね。
普段はユ〇クロでも、お友達とのお出かけにはもうすこしかわいめの服も着させたいですし。
それに娘はピアノも習っているので、その費用もかかります。
バレエもやってましたが、さすがに塾に行くようになって、時間も足りなくなってきてやめました。
そんなこんなで私の手元に残る額はほんの少しです。
でも時々はランチも行きたいし、洋服や化粧品だって買いたいし。
それでも、だからといって夫の扶養からはずれてガッツリ働く勇気もないんですよね。
扶養はずれたら、かなり働かないと税金や保険の分は埋め合わせできません。
そういう部分も主婦って足かせになりますね。
夫の稼ぎがいい方はパート代って全部お小遣いなのかなあと思うとほんとうにうらやましくなります。
それでもやっぱり娘がかわいいので、出来るだけのことはしてやりたいと思います。
私のパート代のやりくりも私の腕の見せ所と自分に言い聞かせて毎日頑張ってます。

クレジットカードは支払いもできるメンバーズカードだと思う

ポイントカードが好きな人なら、メンバーになって来店したり、商品を購入するごとにたまっていくポイントや、ポイントがたまった後に受け取る特典などをゲットした時に、凄くお得な気分になると思います。

そんなクレジットカードはそんなポイントカードに似ているように思えます。

クレジットカードは、主に近所のスーパーの系列のカード会社が作っているクレジットカードを利用します。

そうすると、毎日、あるいは月に何日か、とってもお安くなる時がありますし、クレジットカードを利用しているおかげで、特別に安く購入できるチラシやクーポン券が送られてきたりします。

だから、メンバー特典のような気持ちでクレジットカードを利用しています。

同じクレジットカードでも他社の物ではだめで、そのスーパーとか量販店の系列のクレジットカードのみの特典だからです。

それでまとめて支払いもできて、さらにベットポイントも溜まって、それを還元できるという事を考えると、使い勝手も良くて、クレジットカードなしでは生活できない程の気持ちでいます。